ドコモ、データ通信を全て定額へ検討

2007年6月1日
Mobile

これが実現したらウィルコムやイー・モバイルは脅威に感じるだろうな。
asahi.comの『全データ通信に定額制導入検討 ドコモ・中村社長』より

NTTドコモの中村維夫(まさお)社長は31日、朝日新聞とのインタビューで、08年までに携帯端末を使ったすべてのデータ通信に定額料金制のプランを設ける方向で検討していることを明らかにした。料金水準などは今後詰める。
中村社長は「ネットワークにかかる負荷を検証する必要はあるが、パソコンとのデータ通信も定額制になるという流れは間違いない。遅くとも08年には始めたい。これですべてのデータ通信が定額になる」と説明した。

NTTドコモが携帯端末経由の通信を全て定額にするプランを開始する方向で検討にはいったようです。
これでパソコンをつないで高額請求されたりスマートフォンが定額制から外れるといった事態は解消されるでしょう。
現在はウィルコムとイー・アクセスがデータ通信の定額制を行なっていて、需要はそれなりに有ります。しかしウィルコムには通信速度、イー・アクセスにはエリア展開というウィークポイントが有ります。これがドコモなら両方をクリアする事は充分に可能です。
ただ社長がトラフィックを心配しているので、定額になる代わりに帯域幅(通信速度)に上限が設定されるかもしれません。
あと問題になるのは価格でしょう。
ターゲットになるのはイー・アクセスのデータ通信カードの月額¥4,980.-が一つの目安だと思います。これより高くてしかも帯域制限(つまり速度制限)有りならばウィルコムやイー・アクセスの方が使いやすいことになります。ドコモのサービスにメリットを見いだせるのは地方でPHSも入らないようなエリアでも定額通信したいという限られたユーザのみになるでしょう。
でもドコモが通信定額を始めるとなると日本でのユビキタスコンピューティングの実現は間近といえるかもしれません。
それとソフトバンクモバイルは社長の公約通り同等のサービスを始めるのかが見物です。

Pocket