私、著作権法違反で捕まるかも(笑)

Network

トンデモ判決の影響は計り知れないかもしれませんねぇ。
GIGAZINEの『ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です』より

もはやあきれて言葉が出ませんが、東京地裁(高部真規子裁判長)は2007年5月25日、こういった不特定多数にダウンロードを許可するのではなく、特定のユーザーしか保存できないしダウンロードできない「MYUTA」という携帯電話向け音楽データのストレージ・サービスに対して著作権侵害に当たるとの判断を示しました。音楽著作物の利用許諾が必要だそうです。
つまり、オンラインストレージサービスおよびそれに類するあらゆるサービスの運営業者はJASRACに音楽著作物の利用許諾を申請した上で、利用料を保存されるファイルに対して支払わないとダメだということです。しかも判決内容をよく読むとこれは特に音楽著作権に限った話ではなく、著作権に関するあらゆるものに対しての判決っぽい。一体いくつのサービスが閉鎖するのか、週明けからとんでもないことになる予感がします。

インターネット上でファイルを預かる「オンラインストレージサービス」というのがあります。
要はデータファイル専用のコインロッカーに預けるような仕組みと思ってもらったいいです。
ところがこれが著作権法的には不法行為であるとの判決が東京地裁で下りました。
このサービスを展開している企業は多いし、サービスを利用している人も多いでしょう。
かくいう私も自分が作ったデータファイルのバックアップ用にAppleが提供している「.Mac」というサービスでオンラインストレージを利用しています。
でもこの行為も法律的にブラックになってしまう可能性が出てきました。つまり私も訴えられても不思議ではないのです。


詳しい問題点は元記事を読んでもらうのがいいと思うけど、要は

著作物は勝手に預かっちゃダメ

と言う判決です。
じゃあ自分の作ったファイルならいいんでしょと思うけど、そんな単純ではありません。
自分の作ったファイルにちゃんと著作権表記を入れていますか?
会社の業務で作った書類ならいざ知らず、個人のデータファイルに一々著作権表記をしている人は少ないと思います。つまり自分が作ったファイルに正当な著作権を示す事が出来なければ、第三者がサービス提供者を訴える可能性があるわけ。
実際、自分が預けているファイルもCopyrightなんか入れてません。
だってオンラインストレージは鍵付きのプライベートスペースだと思って使っていたから。
でもこうなるとオンラインストレージサービスを提供する企業は訴訟リスクが出てくるのでサービスを停止する企業が出るのは間違いないと思う。
こうして世界中で便利に使われているサービスが日本では使えなくなる可能性が出てきました。
この判決を聞いて思ったのが次の4つ。

  • 裁判官って相当、不勉強やね
  • 法律っていつも現実の後追いなんやね
  • わかっていない人にインターネット技術を伝えるのはとてもむずかしい
  • はやくネットユーザ代表を国会に送り込まないと日本のインターネットは規制だらけになりそう

もっともこの判決が地方裁判所(第一審)レベルの判決なので上級審で覆る可能性はあるわけやし、しかも判決を下した裁判長は過去にもトンデモ判決を下した事で有名なお人なので、個人的には不安には思ってません。
もしこの容疑で私が捕まるような事があればBlogの格好のネタにしてやる(笑)。

Pocket