待たされ続けて

待たされ続けて

Other

今日は元々予定していた心療内科の診察の日。
朝も普通に起きられて、10時ごろに家を出て病院に行きました。
病院につくと、待合室は人がいっぱいでソファーは埋まり、臨時のイス席が準備されるほどの混み具合。
みんな、病んでいるなぁと自分の事を棚に上げて受付を済ませます。
そこから診察までが長い時間でした。
持っていて本を読み終え、すこしうたた寝し、ポッドキャスティングを聞くなどしますがなかなか名前が呼ばれません。
何時呼ばれるかもわからないので、お昼ご飯も食べにゆけません。


名前が呼ばれて診察室にはいったのは3時半をまわったころ。
自分の場合は、今週2度目の診察だったのでカウンセリングの時間などは短かったのですが、この前もらった宿題の事などもありそれでも20分は診察室にいました。
診察の結果、主治医から念のため点滴を一本打っておく事に。
その点滴を打つためのベッドがなかなか空かずにまた10分ほど待たされて、ベッドでもまた待たされる始末。
点滴が終わって精算が終わるころには、薬のせいと待ち疲れでものすごく眠かった。
ビルのエレベータを待つのにウトウトするぐらいやから相当のもんです。
さらに薬の処方で薬局で30分ほど待たされて、開放されたのは夕方5時近く。
お腹が空いていたので定食屋に入って昼夜兼用のご飯を食べてから、家に着いたのは7時ごろ。
その時にはお腹はいっぱいだし、薬は効いているわで、手を洗った後一服するまでもなくベッドへ倒れ込みました。
で、目が覚めたのがつい先ほど。
それでもまだ眠いので、今日はシャワーを浴びてまた寝る事にします。
ほんとうに今日は待ち続ける、耐久レースのような一日やった。

Pocket