やっと自転車がまともに走れる

自転車はどこを走るものか知っていますか?
法律的には「車道」を走るれっきとした「軽車両」です。
asahi.comの『自転車道、造り方を指南 事故減狙い警察庁・国交省』より

自転車がからむ交通事故が増えていることから、警察庁と国土交通省は自転車の通行ゾーンの整備指針を共同でまとめる方針を固めた。従来の自動車・歩行者中心の道路行政を見直し、車線を削ったり歩道を区分したりして、自転車の通行空間を確保し、事故を減らそうという新たな試みだ。道路の形状ごとに類型化した通行ゾーンの設置方法を都道府県に示し、自転車のための空間拡充を進める。

今は法律的には車両であっても、自動車からは邪魔にされ仕方なく歩道を走らざるを得ない状況です。ところが一部(大半?)の勘違いした人がベルをチャリチャリ鳴らして歩行者を歩道の隅に追いやって我が物顔で走り抜けていくため、最近では自転車と歩行者による交通事故も多いとの事。
それではいけないということで自転車の走る場所を確保しようと、道路の作り方を今後は変えてゆくことにするらしい。
バイク乗りで自転車乗りでもある私としてはとても嬉しい話だけど、現実に日本中のあちこちで自転車の通行レーンが充実するのには時間がかかるでしょうね。
あとは自転車に乗っている側の意識を変える必要もあるんじゃないかと。
ケータイかけながらとか酒気帯びで自転車乗っている不心得者もよく見かけるから、そういう乗り方する人キップを切られて罰金取られるのもいいかも。警察も罰金徴収が増えてノルマ達成にもってこいだったりして(笑)。
時間はかかるだろうけど、今回の自転車通行ゾーンは期待してますから腰を据えてやってください。>警察&国土交通省

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。