サポーターの心が読めない人たち

まぁ、なんというかファンやサポーターの心情を逆なでしてまで商品を売りたいんでしょうかね。
iZaの『レッズファン観客席、無断で青に キリン広告』より

キリンビール(東京)がサッカー日本代表を応援するキャンペーンの広告で、浦和レッズファンで観客席が赤く染まった埼玉スタジアムの写真を、日本代表の“サムライブルー”のユニホームで席が埋まっているように無断で加工していたことが9日、分かった。
レッズ側は「クラブカラーは掛け替えのないシンボル。サポーターの気持ちを軽視している」と抗議。キリン広報部は「日本サッカー協会などに許可を得ていたが、結果的にレッズサポーターや関係者に不快な思いをさせ、深くおわびする」と陳謝している。

CG加工するなら空席の国立競技場に青いユニフォームを着た人間を合成すれば済むだけの事やのに、わざわざ埼玉スタジアムのガンバ戦を持ってきたと言う事は赤から青に色変換するだけでお手軽にできる広告をでっち上げたと言う事でしょうな。
中の人ではないので間違っているかもしれないが、多分キリンの広報部は企画とでき上がった広告を見てOKしただけで実際に作成したのは広告代理店の仕業やと思う。当然GOサインを出したからにはキリンビールにも責任があるけど罪深いのは広告代理店とデザイナーやと思う。
所詮は商品の売り上げにしか頭がいってない広告代理店や納期と作品の出来にしか目が行かないデザイナーには、サポーターの心情など理解できるはずもないだろうから何にも期待はしないけど、こういう事をすると宣伝上逆効果になると言うのは学んでおいたほうがいいと思う。
あまり書きたくはないけど、個人的には某金融会社や某鉄道会社は嫌悪感しかないから。
人が愛しているものへの冒涜的行為は必ず何かの形でしっぺ返しがあると思う。
スポーツなどはそれが如実に出やすい。
受け入れてもらおうとするなら、やっぱり愛がなくっちゃね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。