取りあえず、一週間

Other

テスト通勤を初めてほぼ半月。
今週はギリギリ滑り込みの日もあったけど、1週間通じて朝の始業時間に間に合うように出勤できました。
まだ仕事はしていないので人並みとは言えないけど、取りあえず出勤時刻だけはまともになってきたようです。
この前の日曜日で試験が終わったので、通勤のお供は試験の参考書から変わってiPodとW-ZERO3がメインになっていますが、もうひとつ一冊の新書を読んでいます。

“「うつ」からの社会復帰ガイド” (岩波書店)
「うつ」である自分が、鬱病とどう向き合いながら社会に戻ってゆくかを分かりやすく書いた本です。
私は2ちゃんねるのメンタルヘルス板でこの本を紹介されて取り寄せたのですが、鬱病はどのような病気なのかの解説に始まって、社会復帰するためのプロセスや病気との付き合い方などが書かれています。
自分が社会復帰するための段階を踏んでゆくのに非常に役立つ本です。
逆にもっと早く読んでいれば、もう少し上手に復帰プログラムが組めていたかなという気もしています。
鬱病の方本人だけでなく家族やまわりの方が読まれても非常に参考になる本ではないかと思います。

Pocket