手ごわかったけど楽しかった

手ごわかったけど楽しかった

Other

今日は以前に受験宣言をした情報処理技術者試験の日でした。
今回受験するのは難易度の高い科目でしたので、はたから合格なんかは目指していません。
自分の社会復帰へのマイルストーンとして、試験時間の間集中できるかを試す意味の方に重きを置いていました。
ですので真面目に合格を目指している人より全然勉強はしていません。
それでも試験前日ともなると、やっぱり少しは気になって模擬試験を3度もトライしてみました。


で、試験当日の朝。
会社にテスト出勤するよりも快適な目覚め(爆笑)で、すんなり起きられました。
会場も自宅から駅はさんで反対側の場所でゆっくり歩いて30分ぐらいの散歩がてらに歩ける場所でした。
さすがに試験会場に入ると緊張してきたのですが
試験問題が配られるころには朝食後の精神安定剤が効いてくる時間と重なった事も有り落ち着いてきたというか少し眠くなってきました。
まわりを見渡すと空席がものすごく目立ちます。
会場はいくつもの部屋に分かれていたのですが、私の受験する部屋は座席の数の3割ぐらいしか埋まっていませんでした。
他の部屋も空席が目立っていましたので、受験申し込みして試験内容を見ただけで「俺、こんなの無理」と諦めちゃった人が多かったのでしょうかね。受験料がもったいないのでせめて問題だけでも持ち帰れば来年の試験には役立つと思うのですが。
午前中の試験は4択問題。
久しぶりに集中して頭を使ったせいか、最初はペースがつかめませんでしたが徐々に選択肢を選ぶ事が出来てとりあえず判るものだけマークシートに記入しました。その中で模擬試験で出てきたのと同じ問題が出てきたのを見つけたときは「ラッキー!」と思いましたね。
で、再度1問目から問題を解き始めて今度は判らない問題も頭の中で何かヒントを模索しながら選択肢を選んで、取りあえず全問の解答を終えた時は残り時間が20分を切ったぐらいでした。後は時間いっぱいを使って回答の見直しをして半分ぐらいの見直しが終わった時点でタイムアップでした。
午後の試験は2つに別れていて、どちらも筆記問題です。
午後の1つ目の試験は問題の難易度も高く、時間内に解答欄を埋めきるので精いっぱいでした。2つ目の試験は運良く昔に仕事で体験したような内容の問題が出てきたので、落ち着いて回答する事が出来ました。ただ問題の文章のニュアンスがどちらにも取れるような内容で、時間いっぱいまで「問題文の解釈は自分の考えで正しいのだろうか?」と悩んで問題文の隅々まで何度も読み返す状況でした。
久しぶりに受けた試験で、はっきり言って午前中の試験で撃沈していると思います。
でも難しいけど問題を解いていくのは苦痛でも何でもなくて、試験にも集中できて楽しかったぐらいです。
また来年も受験して午後の試験まで採点してもらえるぐらいにはなりたいと思いました。

Pocket