「パケット定額制」に要注意

Mobile

スポーツ報知の『えっ!?パケット通信で100万円の高額請求も』より

携帯電話の契約でパケット通信を定額制にしたはずなのに、高額の料金を請求された―。そんな苦情が相次いでいることが5日、国民生活センターの調査で分かった。
携帯電話をパソコンに接続してパケット通信を行うと、定額制の対象外になることを知らずに利用したケースが多く、数時間分で100万円程度の請求を受けたケースもあるという。

良く誤解されているのですが携帯電話の「パケット定額制」は何でもかんでも通信が定額になるわけではありません。
原則定額になるのは携帯電話本体でのパケット通信に限られるという事です。それを理解せずにパソコン接続をして、高額な請求が来て青ざめた人がたくさん出ているようです。
カタログや契約書を見るときちんと定額の条件が書いてあるのですが、契約書などを見ない人も多いでしょうしカタログにも小さな字でしか書いていないので見落としている人も多いと思います。でも契約書を見落としていた場合は携帯キャリアからの請求に従うしか方法はないので、パソコンを接続するような場合にはきちんと契約内容を知っておく事が大事だと思います。
また携帯電話会社は月々のパケット利用料金を月の途中でも調べる事ができるサービスを行なっているので、自分のパケット代を調べながら使うべきでしょう。
しかし実際には支払いを考えると携帯電話をパソコンに接続して通信を行なうのは無謀といっても良いと思います。
もしモバイルでパソコンの通信が必要ならパソコン向け定額サービスを行なっている、イー・モバイルかウィルコムを使うのが必須と思ってください。東名阪のサービスエリア内ならイー・モバイルをその他の地域に住んでいるかできるだけ安く上げたいのならウィルコムにすればいいでしょう。
携帯電話を利用して安くて上質なサービスを利用するのには使用者側も賢くならないと難しいと思います。
充分注意しましょう。
ウィルコムストア

Pocket