ツキも実力のうち

2006年3月17日

野球のワールドベースボールクラシック(WBC)二次リーグA組最終戦でアメリカがメキシコに敗れて絶望的と言われていた準決勝への道が開かれました。
このアメリカ対メキシコ戦でも誤審をした審判が何かやらかしてくれたそうで、またもアメリカに流れがゆきそうだったのですがメキシコが打ち崩しました。
何はともあれ結局日本にとって朗報が飛び込む結果となりました。他力本願だったのがいいほうに転ぶツキがあったのですから、このツキを味方にしましょう。
日本の戦い方を見ていて監督采配や選手のプレイなどに疑問が多々あるのですが結果として勝ち残っている以上、今は何も言いません。
次の相手が対2連敗中の韓国である以上、必死になって勝ちに行くしかないでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。