満足度が高いデジカメメーカー

デジカメの顧客満足度調査の結果が発表されました。一眼レフではNikonがコンシューマデジカメではRICOHのGRやCASIOのEXILIMの評価が良いようです。
CNET Japanの『一眼はニコン製、コンパクトはEXILIMとGR DIGITALが人気–デジカメ顧客満足度調査』より

J.D.パワー アジア・パシフィックは3月16日、2007年における日本デジタルカメラ顧客満足度調査の結果を発表した。
(中略)
コンパクトデジタルカメラ500万画素以上〜700万画素未満部門は、1000ポイント満点中662ポイントの総合満足度スコアを獲得したカシオの「EXILIM」が第1位となった。

私としてはCANONのPOWER SHOTかPanasonicのLumixが人気が高いのでその二つのどちらかだと思っていたので、CASIOのEXILIMが満足度一位なのはちょっと意外でした。きっと価格、性能、使い勝手のバランスがとれていて満足度が高いのでしょうね。

コンパクトデジタルカメラ700万画素以上部門は、708ポイントを獲得したリコーの「GR DIGITAL」が第1位で、画質、デザイン、操作性において最高評価を得ている。

この結果は納得できますがRICOH GR DIGITAL(以下GR)は一般向けのデジカメではないので人によっては驚く結果だと思います。
GRは28mm単焦点レンズで、今はやりの高倍率ズームや手ブレ補正と言った機能は一切ありません。ですので機能がたくさん欲しい人や望遠ズームが欲しい人には購入候補にも上がらないカメラです。
しかしGRは「写真」としての絵作りが出来る数少ないコンシューマー向けコンパクトデジカメです。特にレンズの品質が良く歪みの少ない良い絵を写してくれるので、風景写真やスナップにはうってつけのカメラです。ですので値段もほとんど下がりませんし後継機の噂と言ったものも聞かない、判る人には使い甲斐のあるとても良いデジカメです。GRは私も使ってみたいデジカメの一つなのですがいかんせん7万円の単焦点レンズのカメラをサブに使うのにはちょっと手に余るような気もして手が出ません。

デジタル一眼レフカメラ部門についてはシリーズごとでなくメーカー単位の集計となっており、698ポイントを獲得したニコンが第1位。5つのうち機能・性能、画質、操作性、外部機器との接続性という4つのファクターで当部門中の最高評価を得ている。

一眼レフは老舗の強みを生かしてNikonが顧客満足度一位を得ています。販売シェアではCANONの方が上なのですがNikonの方が絵作りの素直さや価格に見合った以上の機能を持っていて、従来からのアクセサリも使えるなど銀塩カメラ時代からのユーザが評価する一方でD40などで新しく一眼レフデジカメを手をした人にも使いやすいところが評価されたのではないでしょうか。
こうしてみると売り上げ上位≠顧客満足度ですね。売れているから良いカメラではなくて、そこそこ売れている評価の高いカメラの方が買ってみると満足度が高いのかもしれません。
もしデジカメを買って見る時にはこの「顧客満足度」にも注意してみるのがいいかもしれません。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。