無限に続く数字に思いを寄せて

スラッシュドットジャパンの記事で知ったのですが今日3月14日は「ホワイトデー」だけではなくアメリカでは「πの日」なのだそうです。3・14だからπ(円周率)というのは単純な話なんですが日本でも今日は「数学の日」なんだそうです。
私は学校の成績においては優れたものはなかったのですが「好き・嫌い」のレベルなら数学が一番好きでした。それはなにより論理的に物事を考えることが楽しかったからです。特に高校生の時は担当の教師と非常にウマがあったと言うのか3年間楽しく数学の授業を受ける事が出来ました。
その数学担当の教師から教えてもらったのが下の写真の本です。
Suugaku01


写真では見にくいと思いますが「遠山 啓(とおやま ひらく)」さんが書かれた「数学入門」と言う岩波新書の本です。
なにせ初版は1959年に書かれた本なので、群論や非ユークリッド幾何学と言った最新数学への記述こそありませんが、すごく分かりやすく数字の世界を解説した本です。この本を読んで数学と言うものを一層好きになりました。もしこの本が今でも手に入るのなら一度手に取って読まれてみる事をお勧めします。
ただし私の場合成績には反映しませんでしたが(笑)
今でもたまに夜寝つけなくて早朝になってしまった時にNHKの教育テレビで数学講座などをやっているとつい見てしまいます。その講座の中で自分が学生の時に解けなかった問題を解説されると感心してしまいます。
学校を卒業して「数学なんてこりごりだよ」という人も、円周率を概ね3で教わった人も今日ぐらいは3.14の続きを思い出してみるのもいいかもしれません。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。