年度末の風物詩

年度末の風物詩

Other

3月も半ばとなり、街を歩いているとよく見かけるものがあります。それは「工事」です。
この数日に見かけただけでも電話、道路、電気など多岐にわたります。
ウチの周りではここしばらく、バス通りの歩道の舗装を貼り直していて歩くのが大変です。とくにアスファルトが剥がされて砂利がむき出しになっているところに仮歩道としてゴムシートを引いてあるのですが、マンホールがそのまま段差として残っているのでつまずいたりして、足下を見ながらでないととても歩けない状態です。
ちしろさんところの「ハチミツとシロツメクサ」でも道路工事のことを取り上げておられて国土交通相道路局の「道路情報提供システム」で道路工事が行なわれている場所を確認されておられますが、私の家の周りのような小さな工事はこのシステムでも確認できないと思います。
毎年の事とはいえ年度末に工事を集中させるのは、道路を利用するものとしては不便ですね。いつも、もうすこし期間を分散できないものかと思います。とくに3月後半からは気候も良くなり春の行楽シーズンとも重なってくるわけですから、道路交通はスムーズになるようにして欲しいですね。
私もその頃にはツーリングに出かけたいですし…。

Pocket