引き際

引き際

Other

MSN毎日インタラクティブの『三遊亭円楽さん:引退を表明 ろれつ回らず決意』より

人気落語家の三遊亭円楽さん(74)が25日、東京・国立演芸場で開かれた落語会「国立名人会」の終了後、「きょうで噺家(はなしか)として引退したい」と、落語界の第一線から退くことを明らかにした。
(中略)
この日はトリで得意ネタの「芝浜」を約45分間演じ、満員の観客から大きな拍手を受けた。しかし直後の記者会見では硬い表情で、「もうちょっとはっきりしゃべれると思ったら、だめですねえ。こんな噺をお客様の前でやるのは情けない」と発言。「今後よくなるということはないですから」と引退を表明した。

人にお見せできるレベルではなくなったからと円楽師匠はあっさり第一線から退く事を選びました。
プロフェッショナルとしての引き際としては「ボロボロになるまでやり通す」、「衰えを見せる前に身を引く」、「クビになるまでしがみつく」、「故障で仕方なく」などいろいろなケースがあると思います。
プロとしてどのように引き際を見定めるのかは本人の希望と感性によるもので、どの道を選ぶのもプロとして一度でも名を上げたものなら自由に選んで良いと私は思っています。ただ出来るなら引き際を決めるのは本人(とその家族)であって欲しいと思います。
契約切れや年俸高騰を理由に捨てられてしまうようなことは止めて欲しいです。
プロフェッショナルが身を引く時に、皆から感謝の拍手を贈られてその場を去ってゆく。
それが一番美しい姿だと思います。

Pocket