バックス、決勝には進めず

バックス、決勝には進めず

Ice Hockey

八戸で行われているアイスホッケー全日本選手権の準決勝が行なわれました。
アイスバックスは日本製紙クレインズと決勝進出をかけて争いました。
第1ピリオドに#16 土田選手のゴールで先制し、守備陣の踏ん張りもあってリードしたまま第2ピリオドを迎えます。第2ピリオドに反則からのキルプレイで追いつかれますが勝ち越しを許さず同点のまま終わり、バックスファンの期待が膨らみます。
しかし最終第3ピリオドに相手に勝ち越しを許してしまいます。それでも「日光のプリンス」こと#15 三田選手が同点弾を決めて望みをつなぎます。しかし再度勝ち越し点を許してしまうと緊張の糸が切れたのか立て続けに失点を重ね、終わってみれば 7 – 3 で大差をつけられてしまいました。
決勝に残れば久々のテレビ中継もあっただけに残念でした。
それでも明日は3位をかけてアジアリーグプレイオフの相手でもある王子製紙と試合があります。3年ぶりの3位を目指して選手には一層の奮起を期待します。

Pocket