自由な音楽は戻ってくるのか

2007年2月7日

CNET JAPANの『「レコード会社はDRMの放棄を」–アップルのジョブズCEOが公開書簡』より

Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は米国時間2月6日、公開書簡を通じ、デジタル著作権管理(DRM)技術を放棄するようレコード会社各社に呼びかけた。Jobs氏が公開書簡を出すのは珍しいことである。
(中略)
Jobs氏は、「すべてのオンラインストアが、オープンでライセンス可能なフォーマットにエンコードされたDRMフリーの楽曲を販売する世界を想像して欲しい。このような世界では、すべてのプレーヤーがすべての店舗で購入した曲を再生でき、すべての店舗がすべてのプレーヤーで再生可能な曲を販売できる。これが消費者にとって最良の選択肢であることは明らかであり、Appleもこの選択肢を支持する」と書いている。

AppleのジョブズCEOが、DRM(デジタル著作権管理)をやめて、ユーザが自由に音楽を扱えるようにするのが理想だとの公開書簡を発表しました。もしこれが全世界で実現すれば利用者は入手した音楽を自由に取り扱うことが出来ます。


入手した音楽データ自由に取り扱うことの出来るメリットはiPodのような音楽プレーヤーやパソコン、記録メディアに著作権の範囲で自由に保管や加工、視聴することが出来ることです。もし加工が可能ならば例えばiTunes Storeで購入した楽曲をSONYのネットワークウォークマンで聴くことも出来るようになるわけです。
しかし実際には著作権を無視し音楽データを不法に配布する人間がいるので不法コピー抑制のためにDRMが必要な状態になっています。
実のところ私個人は音楽の視聴スタイルが自宅のCDプレーヤを使っていい音で聞くことから、iPodでいつでもどこでも自分の好きな音楽を聴くことに変わってきているので、音楽の入手方法も購入したCDやレンタルしてきたCDをリッピングしたものやiTunes Storeで購入したものをiPodでさえ聴ければ良いと言う風になってきています。そういう意味ではAppleのDRMであるFairPlayは融通が割と利くほうなので別にDRMがかかっていても問題にはしていません。ただ他のオンライン音楽販売サイトが独自またはWindowsMediaPlayerに準拠したDRMをかけているので悔しい思いをすることもあります。
もしジョブズCEOのいうDRMフリーな世界が実現すれば、価格にもよりますがオンライン音楽販売サイトから私が購入する量は増えるだろうと思っています。理想的なのはレンタルCDより少し高いぐらいで1枚のアルバムが購入でき、それでミュージシャンや作曲、作詞をした人たちも充分に潤うと言うのがいいでしょう。
でも残念ながら音楽を横流しする人がいる限り音楽を作った人への還元がなされなくなるためにDRMフリーと言うのは夢物語ではないかと思います。それでなくても中間搾取する人や既得権益を守ろうとする人の多い業界だけに難しいでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。