アジア大会、男子アイスホッケーは日本が優勝

中国は長春で行なわれている冬季アジア競技大会の男子アイスホッケーの部で日本チームは決勝ラウンドを戦い1試合を残して全勝となり、大会2連覇が確定しました。
マスコミではほとんど報道されていない冬季アジア大会ですが、熱い試合が繰り広げられています。
日本チームはカザフスタン、中国、韓国と決勝ラウンドを戦っています。国際ランキング的には日本は21位で決して誇れる順位ではないのですが今大会は堅い守りとチャンスを物にする攻撃力で勝ち上がってきました。
特に決勝ラウンドではゴーリーの春名選手が守りの要として活躍し韓国戦では完封勝利、ランキング上位のカザフスタン戦でも厳しい攻撃を浴びながら2失点にとどめ、日本チームの勝利に貢献しています。
今回の優勝を弾みに世界選手権でも好成績を収めて次回のオリンピック出場を目指して欲しい物です。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。