新型ザウルス発表も…

2006年3月7日
Computer

CNETの記事によるとシャープ製のPDA、Zaurusシリーズの新型「SL-C3200」が発表されました。(公式のニュースリリース
スペックの変化は内蔵ハードディスクが現行機種(SL-C3100)の4GBから6GBに増強されたのと内蔵コンテンツが一新されたぐらいで、一部ユーザから要望のあった無線LANやBluetooth、ウイルコムのW-SIMなどの通信インターフェイスの搭載はありませんでした。
一部ではW-Zero3が好調なためZaurusの新型はもう出ないのではとも言われていただけに、とりあえず後継モデルが出た事は喜ばしい事です。しかし個人的には何らかの通信インターフェイスを積んでほしかったと思います。個人的にはBluetoothを積んでくれれば最高だったのですが、せめて無線LANぐらいはホットスポットが普及した今のモバイル環境であれば標準実装しても良かったのではないでしょうか。それともW-Zero3に遠慮して何もインターフェイスを積まなかったのでしょうか。もしそうだとすれば寂しいですね。
日本のPDAは事実上シャープのみ製造しているだけに、ユーザの期待は高いのです。そのファンの期待に応える機種を次回のモデルチェンジには期待します。

Pocket