宇宙戦艦ヤマトが「ありふれた表現」

asahi.comの『宇宙戦艦ヤマト「ありふれた表現」 著作権侵害認めず』より

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」に登場する戦艦や人物に似たキャラクターを配したパチンコなどの映像が著作権を侵害しているかどうかが争われた訴訟で、東京地裁は27日、販売差し止めなどを求めた映像制作会社側の訴えを退け、遊技具メーカー側の勝訴判決を言い渡した。清水節裁判長は「宇宙空間を背景に先端部の発射口から光線を発する飛行物体を描いた映像などは、特に目新しい表現ということはできない」と述べた。

見出しに思いっきり釣られました。
2ちゃんねるなら「クマー」とみんなで叫んでいると思われるほどの釣り見出しですね。
要はパチンコやパチスロに使われた「ヤマト」と「宇宙戦艦ヤマト」は戦艦大和をモチーフとした別物であるとの判決のようです。
「宇宙戦艦ヤマト」自体が著作権自体にいろいろといわくがあってWikipediaでもそのための項目をわざわざ設けているほどです。
見出しだけ見た時に宇宙戦艦ヤマトの表現そのものに関する裁判かと思ってしまいました。
私はパチンコ・パチスロからは足を洗って長いのでこの機種は打ったことはもちろんないのですが、多分に宇宙戦艦ヤマトにインスパイヤされた機種なんでしょう。
それにしてもパチンコ・パチスロ業界はネタ不足なのか過去に流行ったアニメや特撮物をよく見かけます。
遊んでいる人の年齢層の子供の頃の作品を狙って遊技台にすることで売り上げが伸びているんでしょうかね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。