携帯のおめでとうメールって悪いこと?

ケータイWatchの『ネプロ調査、大晦日の「おめでとうメール」は4割が「送る」』より

ネプロジャパン子会社のネプロアイティは、携帯電話関連のアンケート調査「モバイルレポート」で、携帯電話で送る年賀状について調査した。アンケートは12月7日8日の両日に実施され、有効回答者数は4,054人で、属性は、男女比が41:59、19才以下が3%、20代が37%、30代が43%、40代以上が17%。
調査の結果、携帯電話のグリーティングメールサービスを利用したことがあるユーザーは47%。携帯電話で年賀状を送ろうと思うかについては、「送る」が37%、このうち自分から送るユーザーは27%となった。送る相手は、友だちや恋人など、対等なつきあいの相手にに送る傾向が見られるという。

携帯電話各キャリアでは元日の午前0時から数時間の間の通話やメールを自粛するようにお願いをしているようです。確かにこの時間帯は携帯に関してはほぼ通話は輻輳し繋がりにくい状態になるのは確かです。メールも遅延する可能性は高いです。
ですので遅延さえ我慢すればピークの時間でのおめでとうメールに関しては利用者側にはデメリットは少ないと思います。どちらかと言えばキャリア側の処理能力の都合で自粛して欲しいのでしょう。
しかし本来メールに限って言えば即時到達や確実な到達と言うのは原理的にあり得ないので、ピークタイムに遅延やメールロストが発生してもそれこそ仕方がないことだと思います。ですので送る側がすぐに届くと考えずにメール送信するのであれば、別にピーク時間帯におめでとうメールを送っても良いと私は考えます。もちろん普通時の携帯メールのようにすぐにメールが届いて欲しいのならピーク時間帯を避ければよいだけのことだと思います。
キャリアの担当者は大変でしょうが、メールに限って言えば遅延やロストすることを周知しておけばそれで済む話だと思います。
輻輳による通話規制は仕方ありませんが、メールを変に規制するのは逆効果ではないでしょうか。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。