バックス試練の一日

Ice Hockey

今日は日光霧降アイスアリーナでSEIBUプリンスラビッツ対日光神戸アイスバックスの試合が行なわれました。今日は先日の神戸の乱闘騒ぎの影響で主力5名が出場停止処分となり、22名は入れるベンチに16名しか選手がいません。この緊急事態に伊勢泰監督が自ら氷に乗る事を決意。チーム事情とは言え伊勢監督現役引退試合のような形になりました。
試合の方は絶対的に選手がいない状態に、相手に一方的に攻め込まれる状況となり8 – 1の大敗を喫する事となりました。
ファンの気持ちとしてはこんな形で伊勢監督の現役最終試合を終えるのは不本意ですが、せめて残りの試合で勝ち星を拾いプレイオフに進出して、念願の「霧降でプレイオフ」を果たす事で監督に報える事が出来ればと思います。
この週末から年内は国内チームとのアウェイ5連戦と言う強行日程が待っていますが、ひとつでも白星を挙げてプレイオフ進出を決める事が出来ればと願って止みません。

Pocket