団欒の時間

実家に帰ってきて以来、アイスホッケーを見に行っていたとき以外はほぼ家族と過ごしています。今日も用事があり両親と外出しました。
家族と過ごす時間が長いことでいろいろと会話が弾み楽しい時間を過ごせるのですが、その分パソコンに向かう時間が限りなく減っています。そのためブログに書くネタを集める時間もままならないのでエントリの投稿数が減ってしまっています。
でも今日のNHKの番組でも放送されていたのですが、一人で孤独に生活するより家族と暮らして会話をするほうが前頭葉が活性化してうつになる確率が下がるのだそうです。その説が正しいとすると、大阪に戻って家族と会話するのは自分の鬱の治療に役立っていることになります。事実大阪に帰ってきてからはほぼ朝も起きることができていて昼間の眠気もあまりありません。
このまま家族の団欒が私の鬱を直すきっかけになってくれればと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。