神話の終焉

神話の終焉

2006年11月28日
Apple

CNET JAPANの『Mac向けの初めてのアドウェアが出現–セキュリティ企業が警告』より

Mac OS Xを稼働するシステムにひそかにインストールされ、ウェブブラウザのウィンドウを勝手に開くという新種のアドウェアプログラムについて、フィンランドのF-Secureが警告を発している。
 F-Secureでは、Mac向けの初めてのアドウェアと見られる同プログラムを「iAdware」と呼んでいる。特徴は、特別な管理権限を必要とせずに、ユーザーのコンピュータに潜むことができる点だと同社は述べる。

Macintoshに関してはターゲットになるウイルスやマルウェアがないのでセキュリティ対策は不要と言う「神話」がもろくも崩れ去りましたね。
私の場合は自分のMacintoshに感染しなくとも他人へウイルスを媒介する事をしたくないので、セキュリティソフトをインストールして防護してあります。
今回見つかったものは実験的なもので大規模感染を引き起こし問題を起こすようなものではないようですが、いつ悪質なマルウェアが出てくるか判りません。今後はMacユーザもきちんとセキュリティ対策をとるべき時代が来たようです。

Pocket