またもソフトバンクモバイルで落とし穴

2006年11月26日

ケータイWatchの『「S!ベーシックパック」非契約ユーザー、ワンタッチで自動契約』より。

ソフトバンクモバイルは、ゴールドプラン契約者のうち、Yahoo!ケータイやS!メールを利用できるオプション「S!ベーシックパック」を契約していないユーザーが、11月25日より、事前申込なしでS!ベーシックパックを自動契約し、ネット関連サービスを利用できるようにする。
 同社によれば、S!ベーシックパック(月額315円)の利用を薦めるSMSを21日から送付。興味のあるユーザーは、25日以降に他社ユーザー宛にS!メールを使ったり、「Y!」ボタンを押してYahoo!ケータイにアクセスすると、事前に「S!ベーシックパック」の申し込み手続きを行なわずとも、同パックが自動契約され、ワンタッチで利用できるようになる。ただし、Yahoo!ケータイのトップページにアクセスしただけでは、自動契約されず、「音楽」など次の階層へアクセスすると自動契約という形になる。

記事を読むと一見便利なサービスを提供したように思えますが実はそうではありません。意図的に「S!ベーシックパック」を契約していないユーザが他社ケータイにメールするだけで、自動的にオプションに強制加入させられるしくみになったのです。たかだか月額¥315.-ですが、1件メールしただけで契約解除するまでオプション費用を請求され続けるのです。
ソフトバンクモバイルのゴールドプラン加入者で「S!ベーシックパック」に契約していないユーザはゴールドプランの仕組みを有る程度理解しているか逆に全く何も考えずにプラン契約したユーザと思われるので、前者に関しては操作ミスなどない限りは強制加入の罠に落ちる事はないでしょうが後者のユーザは結局知らない間に「S!ベーシックパック」加入する事になるのでしょう。
このようなやり方を見ているとソフトバンクモバイルはユーザフレンドリなように見せかけて実はユーザから絞れるだけ絞り取ろうとしているようにしかみえないですね。個人的にはX01HTのような魅力的な端末はありますが、ソフトバンクモバイルとの契約は怖くて出来ませんね。
11/29 追記:
CNET JAPANでも『ソフトバンクモバイル、一部利用者で“予想外”に高額請求の可能性』という内容でこの件が取り上げられましたね。最悪のケースは高額請求となるので道義的に見て好ましいやり方とは思えないです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。