携帯キャリア、クローン携帯の存在をついに認める

2006年11月23日

Yahoo! Newsより

識別番号同じ「クローン携帯」不正使用をドコモ初確認
 NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」から抜き出したICカードを、別の携帯に差し込んで「クローン携帯」を作る手口で、中国など海外から不正使用したケースが少なくとも6件あったことがわかった。
 ドコモはこれまで、「クローン携帯の製造は技術的に不可能」としてきたが、社内調査で存在が確認された。

今まで存在は噂されていながら、携帯キャリア各社からは「技術的に不可能」として存在を認められていなかったクローン携帯が見つかった事がNTT DoCoMoから発表されました。
クローン携帯と言うのは簡単に行ってしまえば正規の携帯端末とは別に同じ電話番号をもつ不正な携帯電話です。電話番号が同じですので使用料の請求は正規の端末所有者へ行なわれクローン携帯の使用者は電話代を払わずに利用する事が出来るわけです。つまりクローン携帯端末を手にしてしまえば携帯電話がかけ放題になるわけです。
クローン携帯はもちろん不正行為であり正規に入手する事は不可能なのですが、かなり以前から地下ルートで出回っているとの噂はありました。ただ携帯キャリア側は技術的に不可能なはずとその存在を一切認めてきませんでした。ですが今回、公式に存在を認める事で技術的に可能である事が図らずも公になってしまいました。
実際には最近の携帯端末に多い「SIM」カードを複製・改造によりクローン携帯に仕立て上げたのだと思いますので、早々自分の携帯が乗っ取られる事は少ないとは思いますが、毎月の請求書を見て身に覚えの無い海外通話や異常に多いパケット通信費がないかぐらいは確認したほうがいいのかもしれません。
追記
24日の報道ではあくまでも海外通信業者からの誤接続で課金されたのであってクローン携帯ではないとの見解をNTT DoCoMoはしています。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。