ぬれ煎餅が鉄道会社を救う

asahi.comの『「ぬれ煎餅買って」 経営難の銚子電鉄がSOS』より。

電車運行維持のためにぬれ煎餅(せんべい)を買って下さい!! 修理代を稼がなくちゃ、いけないんです——。約2億円の負債を抱えて経営難に苦しむ銚子電鉄(千葉県銚子市)が、自社のホームページ(HP)で「緊急報告」と題し、同社の名物「ぬれ煎餅」やレールで作った文鎮など電鉄関連商品の購入を呼びかけている。車両の法定検査が資金不足で発注できず、このままでは元旦の輸送に支障が出たり、年明けに車両不足でダイヤ通り運行できなくなったりする恐れがあるという。

元はといえば前社長が会社の金を横領したため必要な経費が使えなくなった上に、銀行からの融資も断られ、それでなくても利用者減で悩んでいたところに電車の法定検査期限が来て修理が必要になり、緊急事態として名物のぬれ煎餅で少しでも費用を捻出しようとしているわけです。
銚子電鉄は私も乗車した事もありますが醤油の香りと潮風が印象に残っています。
地方の私鉄は経営が苦しいのはどこも同じでしょうが、今回の場合は前社長の横領と言う想定外の事態のための緊急報告と言う事のようです。
銚子電鉄を助けてあげたいと言う方は、電車に乗りに行くなりぬれ煎餅を買ってあげるなりしてください。
私は濡れ煎餅を注文しましたし、暇があれば銚子電鉄に乗りに行ってあげたいと思います。
関連リンク
銚子電鉄ホームページ

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。