シルバースター、薄氷の勝利

観戦に行っていたオービックシーガルズ vs アサヒビールクラブシルバースターの試合が終わりました。
試合はシルバースターがフィールドゴールで3点を先制します。しかしその後はシーガルズにライン戦でコントロールされて攻守にわたって劣勢に立たされます。
第2クォーターにシーガルズにタッチダウンを決められ逆点されます。さらに攻撃中のボールをファンブルしシーガルズディフェンスに拾われてそのままエンドゾーンへ持ち込まれタッチダウンを許してしまいます。
後半に入っても劣勢が続きますが、相手の反則で流れが変わります。反則後の4thダウンロングでのパントキックをブロックして良いフィールドポジションを得ると後半から出てきたQB有馬がパスやランを決めてエンドゾーンへドライブしタッチダウンを上げて追い上げ開始。
続く攻撃も時間をかけながら確実にドライブし逆転のタッチダウンを上げます。
しかしその後の相手の攻撃で残り6分を切ってシーガルズに攻め込まれ、あわや同点かと思われますがここでシーガルズがフィールドゴールをはずしてしまい万事休す。残り時間をイートして3点差でシルバースターが勝利をつかみました。
これでX League中地区の優勝は決まりましたが明日の東地区の試合結果によってプレイオフ『FINAL 6』のシードが決まります。
しばらくはスケジュールがあわなくて応援に行けないので、この勢いでFINAL 6も勝ちあがって応援に行ける新年のライスボウルへ出場してほしいです。
—————–
sent from W-ZERO3

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。