ヘルメットを新調

Bike

先日バイクで走り回った時の事です。
ふとヘルメットを見ると後頭部にある換気用のエアダクトが欠落して穴が空いたような状態になっていました。
Helmet 01
さらにフロントシールドのエアダクト右側も脱落した状態になっていました。
Helmet 02
ぶつけたり、落下させた覚えはなかったのですが部品が落ちるほどの衝撃がどこかでかかったのかもしれません。
そこで最初は修理する事を考えたのですが、修理期間と費用を調べると相当な金額になる事が判りました。
それとバイクに乗らない方はご存知ないかも知れませんがヘルメットには耐用年数が有り、一般的には3年から5年が耐用年数です。しかしこのヘルメットをかぶって既に6年にもなり耐用年数を過ぎている事から、ヘルメットを新調する事にしました。


Helmet 03
購入したのはAraiのAstro TR Hacker Blueです。
購入の決め手は口元に可変のエアダクトがある事とカラーリングを含めたデザインが気に入ったからです。
頭全体を守る「フルフェイス型」にしたのは安全性を見越しての事です。
デザイン的に空気抵抗が少ないのも利点ですし、眼鏡をかけて運転しなければいけない私は視界が曇らないエアダクトの調整が利くヘルメットが欲しかったのでこのモデルに決めました。
価格は行きつけのバイク用品店で20%Offの¥38,600.-で購入しました。
高価ですがヘルメットはバイクに乗るものにとって頭を守る重要な道具ですので多少高価でも質の良い製品を買わないと命にかかわります。
それでも予定外の出費で、カメラのレンズ用に押さえていた予算から捻出しました。
おかげで望遠レンズはしばらく買えそうにありません。
当面は今のレンズでがんばるしかないようです。

Pocket