プロに託す

今日は行きつけのバイク用品店へ出かけてきました。私の乗っているスクーターが走行距離1万キロを超えたので消耗部品を交換するためです。今日交換したのは両輪のブレーキパッドと自動変速機のVベルトです。
簡単な部品交換でしたら整備マニュアルを持っている事もあって自分でやってしまうのですが、今回はバイクでも重要な制動系と駆動系の部品のため他の異常チェックも含めてプロの手に作業をお願いしました。
部品交換とチェックを含めて2時間半ほど待たされましたが、その間に先日購入した妖魔夜行の文庫本を読んで時間を潰しました。
作業が終わってチェックの結果、後輪のエアが若干抜けていてパンクしている様子がないのでバルブが劣化しているかもしれないので、じきにタイヤの交換時期になるのでそれまで空気圧を注意しながら走ってみてくださいとのことでした。
バルブ以外は異常が見つからず安心するとともに、あれだけの短い時間でポイントを抑えたチェックをしてもらえた事に整備のプロは凄いなと感心させられました。
車やバイクに乗っている人は多いと思いますが、愛車は自分でわかる範囲はしっかり整備して、手に負えない部分はプロにおまかせするのが一番だなと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。