ミスミス逃した初勝利

2006年2月18日

アジアリーグプレーオフファーストラウンドのアイスバックス VS コクド第二戦を見てきました。

プレーオフファーストラウンド:東伏見アイスアリーナ(アイスバック0勝2敗)
アイスバックス 2 (2-2,0-1,0-3) 6 コクド

結果としては大差をつけられての完敗でしたが、2点を先制しただけに悔やまれる敗戦でした。


第一ピリオド途中までは互角以上の勝負で、パワープレーのチャンスを生かして専制しさらにすかさず追加点と理想的な立ち上がりを見せたかに思えましたが、2分も経たないうちに2点を追いつかれてしまいました。勝負に「たら・れば」は禁物ですがもし第一ピリオドをリードして終わっていれば違った展開になったでしょう。
第二ピリオドからは押される一方で、第三ピリオドに至っては気持ちの糸が切れたのか大量失点にペナルティの山。結局は地力以上の差を見せつけられたような試合でした。
もうこれでアイスバックスに後はありません。
もちろん我々ファンは東伏見をオレンジ色に染めるために足を運んで、声を枯らして応援します。
霧降でプレーオフを行うためにも明日の選手の奮起を期待します。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。