霧降開幕戦は薄氷の勝利

霧降開幕戦は薄氷の勝利

Ice Hockey

アジアリーグアイスホッケー06-07の日光シリーズ開幕戦が霧降アイスアリーナで行なわれたので早速観戦に行ってきました。
今日の相手は中国の浩沙(旧ハルピン)です。
試合は、立ち上がりから選手の動きが悪く4分過ぎに相手に先制を許してしまいます。しかし13分過ぎに「日光のプリンス」こと三田亮太選手が同点のゴールをゲット。
Al060930 01同点へのラストパス!
しかしその後も動きが良くなる事は無く、第1ピリオドを同点のまま終えます。


第2ピリオドも相変わらずで相手に押し込まれるいつもの悪い展開。そして10分過ぎにバックスがパワープレイ中にパスミスからゴーリーとの1対1を作らせてしまい失点。館内に嫌なムードが漂いはじめます。
やっとエンジンがかかったのが第3ピリオド。2分過ぎに新外国人ヘンダーソン選手の同点ゴールで流れが変わります。さらにだ3ピリオドになって相手が反則を連発しバックスに有利になってきます。そして5分過ぎに相手が2人反則退場中でチャンスに篠原選手が冷静に決めて勝ち越し。
このままバックスが逃げ切るかと思われた残り4分に相手選手がパックとゴーリーを巻き込むような形でゴールポスト内になだれ込みそれがそのまま得点として認められてしまいます。当然バックス側は抗議しますが認められません。
そして誰もがオーバータイム(延長戦)を覚悟した残り19秒に三田亮太選手がまたもゴールを決めてこれが決勝点!
バックスは薄氷を踏むような思いで勝利をつかみます。
Al060930 02
終わってみれば勝利こそつかみましたが試合内容は決して褒められるものではありませんでした。
明日こそはすっきりとした勝ち方で連勝と行きたいものです。

Pocket