バックス、開幕戦を凌ぎきる

アジアリーグアイスホッケー開幕戦
王子製紙 1(0-1,0-0,1-2) 3 日光神戸アイスバックス
《アイスバックス1勝》

アジアリーグアイスホッケーの開幕戦、アイスバックスは数少ないチャンスを物にして相手の攻撃を凌ぎきり伊勢新体制での初戦を勝利で飾りました。
Al060923 02勝利のハイタッチ!
ベンチにはセルジオ越後シニアディレクターも入り、選手達の気持ちも奮い立ちます。
試合開始直後は両軍固さが目立ちました。
試合が動いたのは開始5分にアイスバックスが初めて攻め込んだといっても良いチャンスに#8 村井選手が自分で持ち込んでゴールを決めます。この1点を守護神橋本が好セーブ連発で守り抜きます。
試合はそのまま第3ピリオドに突入。開始直後に#18 辻、#96 佐藤(正)が立て続けにゴール。一気に引き離します。直後にペナルティのアドバンテージ中に1点こそ失いますが、残り2分を切っての相手の6人攻撃をも守り抜き、開幕初戦を白星で飾りました。
試合のMVPにはゴールにカギをかけて守り抜いた#1 橋本選手が選ばれました。何といっても敵から浴びた46本のシュートを止めまくったところが今日の勝利の最大要因です。
小さなミスは目立ちましたが良いポジショニングや身体を張ったディフェンスで王子製紙を破ったのは一つの収穫といっても良いでしょう。明日は強敵日本製紙クレインズ戦です。相手は攻撃的チームですが今日のように守りがしっかりしていれば勝利の可能性は充分あるでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。