スケートリンクが消えて行く

2006年9月18日
Sports

以前にキャプテンさんからコメントにて情報はいただいていたのですが、横浜の「ハマボウルスケートリンク」が建物の改修にてスケートリンクの営業を停止し廃止する計画になっています。これに危機感を抱いたスケート関係者の方々が署名活動を始めています。今日のPRIDE CUP会場でも熱心な署名活動を行なわれておられました。
記憶が不確かなのですが、今年のトリノで金メダルを取った荒川静香選手がスケートの練習場所が全国からどんどん減っていると発言された覚えがあります。
海外の場合はプロアイスホッケーリーグやアイスショーの興行収入、地元スポーツクラブの支援などでスケートリンクが運営されているようです。しかし日本の場合はアイスホッケーの他にフィギュアやスピードスケートなどアイススケートの競技人口は少なくは無いのですが大半の利用者がアマチュアなだけに使用料も安価にせざるを得なく、収入に結びつかずリンク存続が難しいようです。しかしそれでは日本のアイススポーツはことごとくダメになって行きます。
こういう事態にこそ自治体や科学文部省が知恵を出して日本のスポーツをどのようにしてゆくのか考えて、未来へ向けての行動を起こして欲しいものです。無駄遣いのためな税金は払いたくありませんが目的や意図が明確で我々の納得できる事ならそれなりの投資もしてもらうのは構わないと思います。日本のスポーツの未来の為に何とかして欲しいものです。

Pocket