さよならプルート

asahi.com「冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義」ほかより
天文学者の集まりである国際天文学連合にて冥王星が惑星の位置づけからはずれることになったそうです。冥王星のほかに惑星候補として上がっていた火星と木星の間にある最大の小惑星「ケレス」、昨年発見された「2003UB313」と呼ばれる第十惑星、冥王星付近に存在する「カロン」はすべて矮惑星と呼ばれることになりました。
当然教科書や図鑑も書き変わるでしょうし私が小さい頃に習った惑星の配列「水金地火木土天海冥」も冥の字がなくなります。
でもそれ以上に影響が出そうな方々がおられます。それは『惑星の配列によって天変地異が起きる』などと予想をされる占い師や疑似科学者のみなさんです。
今後の冥王星の扱いはどうされるのでしょうかね。今後の占いからは冥王星の動きは無視されるのかそれとも存在する限り影響を及ぼすのか。個人的に興味が有ります。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。