すごい試合を見た気がする

すごい試合を見た気がする

Sports

夏の高校野球決勝戦、駒大苫小牧対早稲田実は延長15回で1-1の引き分け再試合になりました。決勝戦での引き分け再試合は37年ぶりのことだそうです。
実際に甲子園のレフトスタンドで生観戦してきましたが両校の選手の勝利への執念や応援団の熱い思いなどがひしひしとスタンドへ伝わってきました。特に両校のエースである斎藤投手と田中投手は体力、技術、気力すべてにおいて高いレベルでお互いに相手打者と闘っていました。特に早稲田実の斎藤投手が15回に147km/hの速球を投げたときには「なぜこんなにスタミナがあるんだ」と思わず声を上げてしまいました。
駒大苫小牧の三木選手に一発が出たときは「この1点が勝負を決めるのか」とも思ったのですが早稲田実の裏の反撃で桧垣選手の相手の隙をつくうまい走塁と4番打者の後藤選手のチームプレーに徹する犠飛で同点に持ち込みその後は両校の出場選手全員が死力を尽くして決勝点をとろうとするも譲ることなく引き分け再試合になりました。
個人的には再試合は一日の間を空けてから行ったほうが選手の健康面を考えると良いような気がします。しかし規定は翌日再試合になっているようなので選手の皆さんは今夜は体調を調えて明日の再試合に全力で望んでください。良い試合を期待しています。

Pocket