ハンガロリンクに君が代

ハンガロリンクに君が代

MotorSports

F1のハンガリーグランプリにてホンダチームのジェンソン・バトンが優勝しました。ホンダチームの優勝は単独チームとしては39年ぶり、エンジンサプライヤーとしても14年ぶりの優勝になります。
F1の世界にホンダが復帰してから7年。ターボエンジン時代には栄華を極めたホンダエンジンも現行のレギュレーションでは全く勝つ事ができませんでした。それだけに関係者の喜びもひとしおだと思います。
昨日の中継を見ていましたが、レース自体は降雨によるタイヤ選択の駆け引きが有りコースコンディションがよくなく荒れたレースだったのですがその中でバトンは14番手スタートでありながら着実にランクアップしてゆき勝利を手中に収めました。アロンソ、ライコネンのリタイアやR.シューマッハのタイヤ選択ミスによる残り3週でのストップなどライバルがいなくなり運も味方したのではないかと思います。
それでもバトンにとっても初優勝で、ホンダにとって久しぶりの優勝である事は間違いありません。
ハンガロリンクの表彰式で君が代が流れた時に感動した人もいると思います。
ホンダチームとバトンには素直におめでとうを言いたいと思います。

Pocket