女性専用車

女性専用車

Train

友人であるkouslaboさんが自分のblog「結局北極どないやねん?!」にて、都市部の鉄道における女性専用車の存在において問題提起をしています。この問題提起の元になったのはルキアさんのBlog「ルキアタウンようかいち」における反女性専用車論の書き込みからです。
このお二方の意見に対していろいろと言いたい事がありますのでエントリをあげました。反論が主になりますので、よろしければお二方のblogに目を通してから、私のエントリを読んでいただくと良いかと思います。
まず私のスタンスを明確にしておくと、現状では女性専用車は必要と思っています。
そもそも迷惑行為をするバカがいなければ女性専用車が不要になるのですが、女性に対して痴漢行為のように迷惑な事をするバカな男がいて、女性は困ってきたわけです。そんな困ってきた人を救う為にバカな男と隔離する事で安心して鉄道を利用できるようにしましたので、不安な方は女性専用車をご利用くださいと言うのが本来の趣旨な訳です。
しかし女性専用車を作らざるを得ない原因を作ったのは女性ではなく男です。それも迷惑行為を行なうバカ男です。そいつの為にみんなが迷惑を被っているわけで、それを女性の責任にし費用徴収などと言うのは認識の間違いでしかありません。本来迷惑行為をするバカが一人で負担すれば良いわけで、そのバカを事前に選別できないから原因を作ったほうの性別(=男性)がみんなで分担せざるを得ないわけです。
女性専用車に乗らない女性に対してルキアさんが疑問を投げ掛けておられますが、不安だけど駅の出口に近いほうがいいと考える方や周りが女性ばかりと言うのも嫌という人、男性の同行者がいるからという人もいるわけで一般車両に乗るのは自分でリスクを考慮した上で選んでいるのですから、それは自由でしょう。それに対して『専用車両があるのだからそれに乗れ』と言うのは一方的な視点からしか見ていない暴論でしかありません。
またkouslaboさんが列車のキャパシティについて延べられていますが、大阪市営地下鉄が全列車に女性専用車を設定しなければならないのはそれだけ被害が多いからでしょうし、その女性専用車に乗り込む男性が多いのは大阪人のマナーやモラルの欠如であって褒められた話でもないですし、女性専用車に対する趣旨が伝わっていない証ではないでしょうか。なにより大阪出身者として恥ずかしく思いますね。
たしかに女性専用車の分、他の車両が混みあうことや相模鉄道・大阪市営地下鉄のように列車の真ん中に女性専用車があると通り抜けしにくいなどいくつか問題点もあります。それらは試行錯誤してでも改善して行くしかないでしょう。ただ大阪市営地下鉄が列車の真ん中に女性専用車を設定したのは最も込み合わない位置に設定したからと聞いています。
ただ混雑のバランス面や他の理由から『男性専用車』もあってよいと思います。一時期首都圏で痴漢行為をしていないにもかかわらず女性からの訴えで身柄確保され、捜査や裁判の結果女性の虚偽申告であったケースがありました。このような冤罪の防止や女性のきつい香水の匂いに耐えられない人(私がそうです)がいるので、女性から隔離された車両もあってよいと思います。
そもそも趣旨をかんがみれば、女性専用車に関しては男性が「車両を一つ譲ってあげるから安心して乗車してね」という思いやりの気持ちで運行すればよいのです。
男たるものそれぐらいの気持ちに余裕を持っていたいと思いませんか?
譲り合いの気持ち一つを持てないほど自己中心的な方には公共交通は向いていないと思いますので、そのような方は豪華リムジンでお出迎えしてもらうなり、自家用ビジネスジェット機で移動すれば他人と同乗するストレスもたまらなくて快適だと思いますよ。
女性専用車はまだまだ始まって数年であり、運用に関して試行錯誤は続くと思います。
それでも女性専用車は迷惑をかける輩がいる限り無くす事はできないですし、必要だと思います。

Pocket