セブン&アイ、独自電子マネー導入へ

セブン&アイ、07年導入の独自電子マネーの名称「nanaco(ナナコ)」に決定(CNET)という記事より

セブン&アイホールディングスは5月19日、非接触ICカード技術「FeliCa」を利用した独自電子マネーのブランド名を「nanaco(ナナコ)」に決定した。数字の「7」からとった名称で、2007年春よりカードの発行を開始。これに先立ちコンビニエンスストア「セブン-イレブン」全店に、他社電子マネーと共用可能な決済端末を導入するという。
 同社では新電子マネーを、傘下のグループ店舗をつなぐプラットフォームと位置付けており、2007年中にはスーパーマーケット「イトーヨーカドー」での取り扱いも始める予定。またJCBとの提携により、グループ外の加盟店1万店でも利用可能にする。

またまた独自の電子マネーシステムが始まるわけですね。電子マネーは「Edy」が先行していますがJR東日本のICカード乗車券「Suica」によるKIOSKなどでの物品購入も利用範囲が広がっていますし、さらにICカードや携帯電話を使った小額決済システムも始まっていてプリペイド/ポストペイドの電子マネーが乱立状態になりつつあります。
はたして同じようなシステムが乱立すると利用者にとっては便利になるのでしょうか?
決済端末側で複数の電子マネーをサポートする動きはあるようですが、それでも「これさえあれば他はいらない」なんて言うことにはならないでしょうね。かといって全ての電子マネーに対応する決済端末が出る可能性はまずないでしょう。
利用者側で使える/使えないを判断して電子マネーを使わないといけないのでは、カードばかりが増えて手間になるだけのような気もします。利用可能な店舗数が増えるのはもちろん、セキュリティや使い勝手がよくならないと電子マネーの利用者はクレジットカードほど伸びないのではないかという気がします。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。