パールボウルトーナメントを見に行ってきました

2006年4月29日

社会人アメリカンフットボール「Xリーグ」の春の公式戦とも言えるパールボウルトーナメントが開幕しましたので、見に行ってきました。開幕戦の会場はアミノバイタルフィールドでした。
カードはルネサスハリケーンズ対明治安田パイレーツとオール三菱ライオンズ対日産スカイライナーズの2試合です。
第1試合:ハリケーンズ VS パイレーツ
第2クォーターにパイレーツがタッチダウンで先制しますがハリケーンズがタッチダウンに2ポイントコンバージョンを決めて逆点。ところがパイレーツも負けじとタッチダウンに2ポイントコンバージョンを決めて、前半は 8 – 14でパイレーツリードで折り返します。
Amino02
第3クォーターはお互いに守りあって無得点のまま第4クォーターへ。
第4クォーター残り3分にハリケーンズがタッチダウン。2ポイントコンバージョンを決めて一気に逆点します。ところがここからパイレーツが粘りを見せて残り14秒に逆点のタッチダウンで勝負あり。15 – 22でパイレーツが勝ちました。
Amino03
第2試合:ライオンズ VS スカイライナーズ
前半は圧倒的にスカイライナーズが攻め込みます。対するライオンズは攻守にチグハグでさらに反則を犯し苦しい展開。第一クォーター8分過ぎにタッチダウンでスカイライナーズが先制すると、さらにインターセプトリターンタッチダウンで追加点を挙げて、前半を終えて13 – 0でスカイライナーズがリードします。
Amino04
ところが後半、ライオンズがしっかりアジャストしてきてランプレイが出るようになり敵陣へ攻め込みます。第3クォーターにフィールドゴールで反撃ののろしを上げ、さらにタッチダウンで3点差に追い上げます。
一方スカイライナーズは防戦一方の展開になり残り4分には自陣4ヤードまで攻め込まれます。ライオンズはこのチャンスにランプレイで攻め立てますが最後のボール1つが攻めきれずにゴール前で相手に攻撃権を渡してしまいます。
残り1分にもライオンズは再度ゴール前へ攻め込みますが最後にゴールエリア内でインターセプトを決められ万事休す。13 – 10でスカイライナーズが勝ちました。
Amino05
風が冷たくて、第2試合には雨も降ってきて観戦は結構大変でした。
アミノバイタルフィールドは構造上まわりの風を遮るものが元々少ないフィールドなのですが、さらに観客席が増設工事の為にメインスタンドがなく仮設のバックスタンドだけであったため風を凌げるものが無い状態での観戦だったので、薄着だった事もありつらかったです。でも試合は拮抗していて面白かったです。とくに第2試合の残り4分からの試合は非常に見ごたえのある試合でした。
しばらくの間は東京近郊の各地で試合が行なわれるので、いけそうな試合は見に行こうかなと思っています。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。