PJB、改良型UMPCを発表

PC Watchの記事によるとPJBが従来より発売していたUMPC(Ultra Mobile PC)の改良機『SmartCaddie EX』を12月中旬から発売する事を発表しました。
主な改良点は重量が50gほど軽くなり横幅が若干小さくなった事とCPUがVIA C3からCeleron Mに向上した事です。
ただし従来の欠点である画素数(800×480)などはかわっておらず駆動時間も2時間半とそのままです。
CPUの改良が主なポイントなのでしょうが既にSONYが超小型でワンセグ搭載可能なモバイルPCを出していたりX01HTやW-ZERO3といったスマートフォンが発売されている現状を見ると日本ではUMPCは業務用用途以外の需要は見込めないのではと思います。一般モバイラーにはせめて画素数を向上させないと中途半端な製品にしか感じられないのは事実です。
UMPCはWindows Media Center Editionのように日本では普及する事なくフェードアウトしそうな規格に思えます。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。