PFU、HHKに50万円の輪島塗モデルを発売

Computer

Happy Hacking Keyboard(HHK)といえば省スペースでキー入力がしやすく無駄なキーが無いのでキーボードにこだわる人やプログラマの人から愛されているキーボードです。
かくいう私もLiteモデルではありますがMac用とWindowsマシン用に各々一台ずつ購入して使っていますがキー入力も適度な感触で出来るし机の上が広くてとても快適です。
Hhklite 01わが家のHHK2台(手前がMac用)
そんなHHKが発売10周年を記念して50万円のキートップを輪島塗仕立てにした製品を発売する事になりました。


PC Watchの記事『PFU、輪島塗キートップの50万円キーボード 〜HHKB 10周年で記念モデル2機種』ではキートップの塗りの様子などが写真入りで紹介されています。
またキートップ以外にもキーボードの角度が1度ごとに変更可能なチルトレッグ、アルミ削りだしフレームなどキーボード入力にこだわる人のために作られた逸品と言っても良いでしょう。
今回は輪島塗キートップモデル(価格:¥525,000.-)のほかに通常キートップモデル(価格:¥262,500.-)の2機種が用意されます。
私はこんな高級なものには手が出ないのですがせめてLiteモデルからグレードアップしてProモデルが使えるようになりたいなと思っています。ちなみにProモデルでも¥24,990.-しますので結構キーボードとしては高嶺の花です。
でも一度は使ってみたいと思わせる逸品ですので、触れる機会があればお試ししてみる事をお勧めします。

Pocket