工人舎よりタッチパネル式モバイルPC発売

PC Watchの『工人舎、タッチパネルを搭載した7型ノートPC』より

株式会社工人舎は、7型ワイドタッチパネル液晶搭載小型ノートPC「KOHJINSHA SA1F00V」(ブラック)「同W」(ホワイト)を4月28日より発売する。価格は99,800円。OSはWindows XP Home Edition(SP2)。
同社の小型ノートPC「SA1F」シリーズの液晶をタッチパネルに変更したモデル。操作用のスタイラスが付属するが、指で画面に直接触れて操作も可能。パネルが変更されたことにより、重量が同シリーズから約30g増え、約990gとなった。

Kohjinsha 01
長時間駆動が可能なモバイルノート「SA1F」シリーズのタブレットバージョンが発売されました。
従来のモデル(メーカではベーシックバージョンと表記)より¥8,000.-ほど価格はアップしていますが、スタイラスペンで直感的な操作ができるのはメリットがあります。
OS(Windows XP Home)や画面以外のハードウェア的変更はありません。
小型で価格も安くバッテリ駆動時間が長いので実用性に富んだモデルだと思います。ただしDirect Xには対応していないのでゲームなどには向いていません。
MS Office込みでも¥124,800.-と安価なので出張中の書類作成やプレゼンテーションなどにおすすめでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。