「PASMO」は来年3月18日スタート

ケータイWatchの『関東私鉄の非接触IC乗車券「PASMO」、来年3月18日スタート』より

パスモは、関東の私鉄やバスで利用できる非接触IC乗車券「PASMO(パスモ)」を3月18日始発からスタートすると発表した。あわせて、Suicaとの相互利用についてもあらためて発表されている。

これで関西地区に遅れる事1年、関東地区の私鉄やバスでもタッチ式乗車券が使えるようになります。PASMOのスタートに合わせて相互利用可能なJRのSuicaもPASMOに準じた運用になります。
PASMOの特徴は次の通りです。

  • 関東では初めてバスと鉄道の両方で使用可能
  • 小児運賃用カードも提供される
  • 運賃精算は改札を出る時に行われる(ただし入場時に残額が初乗り運賃のチェックは行なう)
  • クレジットカードを登録する事で残額が減った時にチャージされるオートチャージを提供
  • バス利用時にポイントが溜まり、ポイントが溜まるとバスの運賃として利用できる

Suicaが先行したタッチ式乗車券ですが、サービス的にはJR西日本のICOCAや関西私鉄のPitapaに先行されているだけにかなりサービスを練り込んできたようです。関西私鉄のPitapaのようにマイレージサービスまでは行われませんが、バスと統合される事でかなり使いやすいサービスになるでしょう。
また電子マネー機能なども提供されますが、「モバイルSuica」のような携帯電話対応は未定のようです。
これで関東地区を移動する時もタッチ式乗車券を2枚持っていれば事が足りるようになるので非常に便利です。出来る事なら関西や中部地区とのタッチ式乗車券と相互運用できるようにしてもらって日本中で使えるようになれば、ものすごく便利になるのですがそこまではまだ難しいようですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。