OQOがモデルチェンジ

世界最小のWindows PCであるOQOがモデルチェンジしてOQO model02としてWindows Vista Capable PCになりました。
Imgoqo-02 1
サイズ的には幅2cm、厚みが2mm増えましたが、液晶が5インチと大きく見やすくなりました。またCPUがVIA C7 1.5GHzに向上しメモリは最大1GBまでハードディスクは60GBまで搭載可能です。またキーボード周りが改善され青色に発光までするようになりました。
当面はアメリカでの発売ですが現モデルの日本語MUI搭載モデルを発売しているブルレーから近日発売で先行予約開始がアナウンスされています。
個人的にはずっと興味を持ちつつ高価なのと処理速度が低いとの事から購入を見送り続けてきた機種なのですが、今回のモデルチェンジで値段と画面解像度以外の不満点はほぼ解消されたと思います。特にキーボード周りはSONY PCG-UX50と比べるとかなり良くなっていると思います。私が購入するかは未定ですが気を引かれるマシンであることに間違いはないですね。
関連リンク
OQO製品紹介ページ(ブルレー)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。