NTT Docomo、高速回線対応FOMA発売

2006年5月11日

ケータイWatchCNETによるとNTTドコモは5月11日に新型FOMA端末を複数機種発表しました。その中にNEC製の「N902ix High-Speed」という高速回線対応機種が発表されました。

今回の高速回線技術は「HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)」という技術でサーバから端末への受信速度を現行の384kbpsから3.6Mbpsと10倍に引き上げる技術です。しかも更なる高速化(最大14Mbps)まで技術的には可能です。これにより音声配信や動画配信がスムーズにできるようになります。それを利用してこの端末向けに着うたフルやミュージックチャネルといった新しいサービスが始まります。
ただ問題なのはパケット代でして 、FOMAのパケット代と同じ体系のためパケホーダイを契約しておかないととんでもないパケット代が請求される事になりかねません。つまりこの端末を上手に使うにはパケホーダイを契約してi-mode通信に限ったサービスを利用する事が必要になります。
単純に考えると最も安いタイプSSにパケ放題を付けても月額¥7,875.-と結構高額です。ましてパソコンサイトのフルブラウズなんてやったら凄い金額になります。サービスはいいのですが価格がネックという事でしょうか。
若干スピードを落としてもauのWINのほうが安いですね。
Vodaphoneもいろいろ考えているようなので、高速サービスはもうしばらく様子を見たほうが良いようですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。