MNPはau一人勝ちの出だし、ウィルコムにも影響有り

MNPはau一人勝ちの出だし、ウィルコムにも影響有り

Mobile

携帯電話番号ポータビリティ制度が始まって初の事業者別契約数が発表されました。
前月比での各事業者の契約者数は以下の通りです。
NTT DoCoMo : 52,143,700(+40,800)
KDDI(au + Tuka) : 26,603,100(+200,600)
ソフトバンクモバイル : 15,330,800(+23,800)
ウィルコム : 4,297,500(+37,800)
また日経IT Proが取材したMNP開始後の転入出結果が掲載されています。

また各社広報への取材で,MNPでの転入出数が明らかになった。KDDIは,auが転入出で差し引き10万2000の純増,ツーカーは3700の転出だった(ツーカーからauへの同番移行はMNPの対象外)。NTTドコモは差し引き約7万の純減と携帯3社で最多の転出数となった。同社は「秋冬モデルの端末が1機種しかないことが影響した」と分析する。両社とも,転入,転出数の詳細は明かさなかった。
 ソフトバンクモバイルは,MNP利用数の10月分の実績が転入3万1100,転出5万5000で,差し引き2万3900のマイナスとなった。MNP以外では,新規契約が19万2100,解約が14万4400だった。さらに同社は,11月1日から7日分の実績も明らかにした。同社広報によると,MNPを利用した転入が3万6400,転出が4万3500という。MNP以外では新規契約が6万2800,解約が2万7700で,すべてを差し引きした純増が2万8000とした。ソフトバンクモバイルは,「11月は10月よりも改善しており,10月を上回る純増を見込める」とコメントした

やはり予想通りauの人気が高いようです。エリアは問題なしで機種も豊富、回線も高速、割引制度も豊富と良いとこずくめな事が一人勝ちの原因でしょう。DoCoMoの純減は料金が多少割高なのとFOMAのエリアがMOVAに比べて劣る事がユーザに不評でしたのでそこが響いているのではと思います。
ソフトバンクモバイルはあれだけ大規模な施策を打ちながら転出の方が多いと言う予想外(笑)な結果を残しました。やはり3Gの電波が繋がりにくくて不満のユーザが大量にいると言うのは本当だったようです。ただ「予想外割」などで今後はユーザがプラスになる可能性はあるでしょう。ただ店頭での混乱はまだ続いているようで、私の家近くのSBMショップは今日も各種契約の時間を19時までに制限していました。
ウィルコムは増加が減ったのですがこれはMNPで様子見の人や携帯に目が向いてしまった人がいるのではと思われるので仕方ないでしょう。
余裕の有る方はもうしばらくこのMNPによる携帯戦争を様子見していた方が良いかも知れません。

Pocket