Macworldでの発表は?

Macworldでの発表は?

2007年1月10日
Apple

先にエントリしたiPhoneのほかにMacworldではいくつかの発表がありました。
Apple TVの発表
開発コードネーム「iTV」として以前に公表されていたパソコンとテレビを繋ぐための「セットトップボックス」がApple TVとして発表されました。この装置はiPodと同じようにiTunesにて管理されている動画や写真を転送しテレビにて再生させることが出来ます。
MacやWindows PCにて動画管理されている人には便利だと思いますが、日本の場合は既に同様の装置がバファローなどから販売されていることや地上デジタル放送対応のDVD/HDDレコーダが普及しているので、さほど売れないのではないかと思います。売れるとすればパソコンで地デジチューナーが内蔵できるようになってからのような気がします。
AirMac Extremeベースステーションの発売
今まで通称「甘食」と呼ばれた802.11.g/a/b対応の無線ルータであるAirMac Extremeベースステーションがデザインをスリムで四角く変えてスピードも向上させて発売されました。最大の売りは802.11.nに対応した高速通信でしょう。
100BASE-TのHUB機能もあるのでMacユーザにはお手軽な無線/有線ルータになるでしょう。
MicrosoftOffice2008 for Macを発表
Macintosh向けのMicrosoft Officeは2004でバージョンがとまっていましたが、今年後半にOffice 2008としてバージョンアップされることが発表されました。バージョンアップにてユニバーサルバイナリとなりIntel Macでも高速に利用することが出来るようになります。またWindows PC用Office 2007で採用される新しいXML形式のデータフォーマットにも対応します。
Appleの社名が変更
正式な社名がApple Computer Inc.からApple Inc.になりました。
Computerの文字が消えると言うことはコンピュータだけを売る会社ではないことを表明したといえるでしょう。
意外だったのがMacintosh本体に関して特別な発表がなかったことです。
てっきり先日Intelが発表したcore 2 quadを採用したMac Book Proかデスクトップマシンが出てくるだろうと予想していたからです。個人的にはMac Proの下位モデルの形でミニタワーのcore 2 quadマシンを出して欲しいです。
また次期OS「Leopard」に関して発表がなかったのも以外です。
日本のMacユーザとしてはiPhone以外はちょっと発表内容が寂しいMacworldになった気がします。

Pocket