MacBook Pro、スペックアップデート

性能の良さは認めるけど、こいつを持ち歩くのには勇気がいるなぁ。
CNET Japanの『アップル、アップグレード版「MacBook Pro」発表–インテル「Santa Rosa」搭載』より

Appleは米国時間6月5日、高速プロセッサ、高機能グラフィックス、メモリ容量拡大などの改良を施したハイエンドノートPCの「MacBook Pro」を発表した。
同ノートPCには、25万9800円および31万9800円の2機種の15.4インチバージョンと、35万9800円の大型17インチエディションの3つのモデルが引き続き用意されている。しかし、5日のアップデートにより、ローエンドの15インチモデルには2.2GHzの「Intel Core 2 Duo」プロセッサ(これまでは2.16GHz版チップ)、ハイエンド版15インチと17インチの両モデルには2.33GHzに代わって2.4GHzプロセッサが搭載されるようになった。これらの新プロセッサは5月に発表されたIntel最新の「Centrino」(開発コード名「Santa Rosa」)チップとなっている。

Appleからプロ向けノートパソコン「MacBook Pro」のCPUをはじめとするスペックがアップグレードされたモデルが発売になりました。
ある種、プロスペックノートとしての性能は認めますが15〜17インチディスプレイの大きさと重量(15インチモデルで2.4Kg)を考えると、常時携帯のモバイルではなく通常は家や仕事場で大型ディスプレイをつないでデスクトップとして使い、長期出張時などの時のみに外へ持ち出す性格のマシンのような気がします。
性能に応じて価格も高いので「Pro」のネーミングは伊達ではないと思いますが、対費用効果が認められる人には使えるマシンだと思います。
頻繁に持ち運ぶモバイラーな人や普通の個人が購入するにはMacBookのほうがお手軽でオススメなような気がします。
Apple Store(Japan)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。