MacBook Airが気になる

持ち運べるMacintosh自体はものすごく魅力的なんだけど。
PC Watchの『アップル、2cmを切る超薄型モバイル「MacBook Air」』より

アップルは、超薄型のモバイルノート「MacBook Air」を発表し、Apple Storeでの受注を開始した。
液晶は13.3型ワイドで重量は1.36kg。CPUはCore 2 Duo 1.6/1.8GHz、メモリ2GBを装備する。光ドライブは搭載しない。バッテリ駆動時間は5時間。
現在Apple Storeでは2機種が販売されている。1.6GHzモデルは80GBのHDDを搭載し、229,800円、1.8GHzモデルは64GBのSSDを搭載し、388,400円。

Appleからモバイル向けのノートブックコンピュータ「MacBook Air」がMac World Expoにて発表になりました。
現時点では世界一薄いノートブックパソコンで、常時持ち運ぶMacintoshが欲しかった人には待望の製品です。
私も非常に気になる製品なのですが、購入を考えるとなると悩ましい機種です。
Apple Store(Japan)


私が違和感を感じるポイントは次の通りです。
薄いけど重量は見た目以上にある
大きさ(設置面積)は普通のMacBookと変わらない
内蔵ストレージが思ったより小さい
有線LANを廃止してしまった
バッテリー交換ができない
重量は正直1Kgを切って欲しかったです。この300gはスペック以上に感覚的に重いです。現地で触った人の記事を見ていても薄さが目立つだけに重量感が際立つようです。特に日本ではモバイルノートは1Kgを切って当たり前なので、何とかして欲しかった気もします。
大きさ(設置面積)はキーボード入力やタッチパッドの大きさとのトレードオフになるので難しいところですが、多少キーボード入力が劣化してもわたし的には大きさの方にこだわって欲しかったです。ただ今までAppleは入力性能を落としてまで製品を小さくする事はしてこなかったので、仕方ないのかもしれません。
ストレージを大きくしなかったのはデータをあまり持ち出さない事を前提にしたのではないかと思います。というのは最新のMac OS X Leopardには「どこでもMyMac」という機能が搭載されていて、出先のMacから自宅やオフィスのMacをリモートアクセスすることができます。.Macの利用が前提ですが固定IPアドレスやDNS設定が不要で誰でもかんたんにリモートアクセスを実現できます。このどこでもMyMacを使えばデータを持ち出さなくても済むのでデータが一元管理できてセキュリティ的にも安全ということで、大容量ストレージを搭載してさらに価格が上昇する事を避けたのだとおもいます。
有線LANはぜひ積んで欲しかったと思います。企業などで利用する場合セキュリティ上の理由から無線LANの使用を禁じているところもあると思います。その場合はどうしても有線接続になるのでUSB-LANアダプタを使用することになるので1つしかないUSBポートが使えなくなってしまいます。たとえばデジカメで撮った写真をサーバへアップロードする場合、USB-LANアダプタとメモリカードリーダとのつなぎ替えが発生します。これは結構面倒です。また無線LANが高速になったとはいっても有線LANのほうが高速かつ安定して通信できます。それだけに有線LANも積んで欲しかったと思います。
バッテリー交換が出来ないのは、バッテリーの劣化時にAppleに修理に出さなければいけない面倒と予備バッテリーを利用する事で電源の無いところでも長時間利用する運用が出来ないのが電源に苦労してきたモバイラーとしては心細いのです。ただ最近はファーストフードショップや新幹線車中でも電源を貸してくれるようになってきたので杞憂なのかもしれません。
これだけスペック的に割り切ってきたのは、多分にMacBook AirはメインでMacintoshを別に持っている人のセカンドマシンユースを狙った製品なのだと思います。それともっと手軽なモバイルはiPhoneかiPod Touchを利用する事を考えているのでしょう。
実機を見ると欲しくなると思うのですが、運用を考えると価格も相まって手が出そうにないです。
その前にメインで利用しているMac miniの置き換えの方が、メリットがありそうな気もします。でも今後、仕事で家を離れる事が多くなりそうなのでモバイルマシンも欲しいしなぁ。うーん、悩ましいです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。