Mac上仮想化ソフトのそれぞれの道

Mac上仮想化ソフトのそれぞれの道

Apple

MicrosoftがIntelベースMacintosh上で動作するVirtual PC for Mac」の開発を断念する発表をしました。一方VM Wareは今年度中に仮想化ソフトのβ版を投入することを発表しました。
MicrosoftはMac上でのWindows動作はAppleのBoot Campがあるので新たなバーチャルマシンビジネスをしなくともOS売り上げで収益が上がるとみたのでしょうか。
逆にVM WareはParallelsの仮想マシンビジネスを見て自らにもチャンスがあると思い飛び込んできたのでしょう。
従来のMicrosoftが手を引くのは惜しいもの新しいサードパーティがWindows利用のチャンスを増やす事はメリットが有るものと思われます。特にWWDCのLeopardにて仮想化に対する言及がなかったようななのでサードパーティにとってはビジネスチャンスなのかもしれません。
複数のベンダーが切磋琢磨して実機に近いWindows仮想環境をMac上で実現してくれればユーザには計り知れないメリットが有るものと思います。

Pocket