一眼レフのLUMIX

Camera

松下電器が初のデジタル一眼レフレックスカメラ「LUMIX DMC-L1」を発表しました。
当面はボディと光学式手ぶれ補正標準ズームレンズとのセット販売のみで、価格は25万円程度を予定とのことです。
レンズ規格がフォーサーズの為、他社レンズとの互換性もあります。
外観はペンタプリズム部が無く上面がすっきりとしたデザインです。
知らない人が見ればレンジファインダー式カメラに見えなくも無いですね。
機能的特徴はライカレンズによる光学式手ぶれ補正機構でしょう。
松下はコンシューマ向けデジカメでも手ぶれ補正を前面に押し出しているので、手ぶれに強い事をLUMIXシリーズ共通の特徴として謳いたいのでしょう。
価格が25万と高価なのですが、ライカレンズや手ぶれ補正などを考えればわからなくはない価格です。値段の価値がわかる人に購入してもらえればとの思惑があるのではないでしょうか。
一眼レフデジカメはニコンとキャノンが2大勢力を築いていますがそこに割り込んで10%のシェアを狙うとの目標だそうです。それだけの自信があっての新規参入なのでしょう。目標がどこまで果たせるかは価格分の機能を訴求して理解してもらえるかがカギになるのではないでしょうか。

Pocket